トレーニングマッチ

vs理化学研究所、fcなだ
今回の試合は、足元が悪い中での試合だった。
どの試合もやはり決定力がなく、点をなかなか取れない状況が続いた。
普段よりもコートは狭く、足元が悪い中での攻め方の共通認識がうまく取れず、点が稼げず試合が終わってしまった。
また、裏に一本で攻め込まれたり、中からサイドに展開してクロスを上げられたり、小さなミスからやられてしまう場面も何度かあった。
攻撃に関しては
攻めの意識をみんなで認識すること、ゴールへの貪欲さが課題だと思う。
守備に関しては
ラインコントロール、攻守の切り替えの速さ、ビルドアップの精度が課題だと思う。
あとは全体的に声をもっと出して、マークの受け渡しだったり、指示をしてディフェンスからの声だけでなく、ボランチ、フォワードなど全体で声を出していけば、イージーミスは減ると思う。

大澤

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA