経験値とメンタリティー

3チームによるこの前のトレーニングマッチ

1試合目なんなく勝利→対戦チーム同士の試合観戦

観戦した結果次の試合のチームの方が強かった。自チームと比べると、総力戦では、劣っているが采配さえ上手くいけば勝てるかなと思った

ここで思い描いたプランは逆転のプラン。

勝ち逃げするのは難しい、拮抗した試合の中では追いついた方が圧倒的に有利だから、だからあえて、学年の下の子達をメインにスタートで起用した。

予想としては3つ

前半のメンバーがしっかり戦えて、1点差でリードするか、されるか、それか、上手くいかずに大量失点で後半に向かうか。

結果は0-1で粘り強く戦うものの前半ラストプレーで失点しまい0-2で折り返し、予想にははいってなかったがほぼプラン通り。みんなが球際にしっかり行って、守備に専念出来たこと。無理に攻撃に行ったらカウンターのリスクが高まるからカウンターに行きづらい布陣にしたのがよかった。

ハーフタイム4点取ってきなさいと送り出し、後半あっという間に3点取った。最後に失点しまい3-3で引き分けだった。

4点取ることと勝利することは出来なかったけど、チームとして逆転の経験をするのは大きかった。3点取って逆転してからも、4点目を取りに行く姿勢も見れた。勝ちに行くメンタリティーには経験値が必要だと思う。

チームのメンタリティーとしても、リードしてて追いつかれてしまうのか、みんなで一生懸命戦って追いついて逆転を狙いに行くのかでは、違うしチームのまとまりも変わる。

1人の指導者として、子供達の成長や、チームの成長は勿論大事だ。ただ、こうしたらこうなるだろうという予想が的中した時。チームがそこに向かっている時間は本当にやみつきになる。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA