日本とスペインの違い

こんにちは。顎鬚です。

今回は日本代表とスペイン代表を見た感想を書かせてもらいます。

※感想ですので短めに個人の意見としてご理解ください。

東京オリンピック準決勝【日本VSスペイン】は結果こそ惜しいものの日本のめざしたいサッカーとスペインのサッカーのクオリティーに大きな差が出た試合となりました。

日本の目指すサッカーはスペインの十八番でもあるポゼッションサッカー

本家とパクリどういう結果になるか❔日本を応援するとともにパクリは本家を超えられるのかに注目していました。

出典:フットボールチャンネル

結果から見るとパクることさえできなかった。。。

前回の練習試合からクオリティーに明らかな差がありました。

日本の技術とスペインの技術そこにも差はありましたが、それ以上に位置的優位の差が出ていたと思います。スペインの選手が立つ場所が日本に比べスペインの方が意図が見え数的優位を作る場面と同数で回す場面を使い分けていたように思います。

サイドバックが高い位置を取り、中盤がハーフスペースを使う。これは日本がポゼッションを主にしているときにする攻撃パターンの王道です。これをスペインに完全にされていました。

出典:フットボールチャンネル

ポゼッションサッカーは攻撃で最大の効力を発揮しがちだと思われますが、筆者が考えるポゼッションサッカーの最大の効力はネガティブトランジション(攻→守への切り替え)の際の密集具合です。ポゼッションサッカーをされると必然的に密集地帯が出来上がります。そこでボールを相手チームが奪うとどうなるか❔密集地帯でボールを奪っても既に囲まれています。特に奪った側は体の状態も悪く、尚且つインターセプトなら相手選手と相手選手の間に立っています。

ポゼッションに必要なのはネガトラの早さです。こに日本とスペインの差が出ていたと思います。

奪ったボールを奪われるこれが精神的にも体力的にも厳しくなります。

日本は守備は絶えたと思います。ただ、奪ったボールをどうするか❔そこが曖昧だったと思います。回そうとする者もいれば蹴りこむ選手もいる。そこの徹底があるともう少しチャンスを生めたのかなと、、

日本の2列目はここ何年ある程度世界を相手に力を発揮することが出来るメンバーが揃っています。久保や、堂安のクオリティーは世界でも十分通用する部分ではあります。林のポストプレーもFWとして役目を果たしていました。そこにもう少し頼ることで日本の恐怖心を増すことが出来ます。

出典:フットボールゾーン

【自分たちのサッカー】という言葉に翻弄されているチームをよく見かけますが、あのバルセロナですら随分と前に超ポゼッションサッカーを捨てています。

日本ももう少し柔軟に戦術を変えていく必要があるんではないでしょうか、、❔

メキシコ戦日本は優位に立てるはずです。皆で応援しましょう!頑張れ日本!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA