指導者講習会を終えて

11月5日に指導者講習会を終えて今思っていることをそのまま書こうと思います。今日終わってそのまま書いているので気持ちの部分も含めて、、

今回の講習会は、月曜から金曜次の週の水曜から金曜と行う短期集中型のコースで車で片道3時間ほどかけていき泊まりこみの合宿形式で参加し(地元の人は通い)いろんな地方の方がいました。24歳の自分が一番若いだろうと思って参加したら14人中上から5番目でした。実際この期間を終えて

行ってよかった!!

そう思えるものになりました。宿泊代から全て合わせると1カ月の給料分ぐらいかかりました、、でもその価値はありました。自分の現状を知る意味ではこれ以上にない機会でした。

指導実践をするまで

火水木金土日曜日に現場に立っている自分にとって正直余裕だと思ってました。(笑)講義は基本理解していたことで実技に関しては「皆上手いな~、でも指導なら負けないだろう」と思ってました。(後から分かりましたが、全国経験者がぞろぞろといて、他にも全国常連校から海外での経験者 東京オリンピックの隠し玉と言われる方までいて指導者講習会としてはありえないレベルでした(笑))実技に関しては最終日まで全くついていけませんでした(笑)

指導実践をして

初日の指導実践を終えて、まず色んなことを指摘されて気づいていない部分が沢山あることに気づきました。基本この指導者講習会はそんなに厳しいものではないですが、今回は非常に厳しく参加者も意見を言える方たちでしたので、ともかく出来てないことを言われまくりました。

「こんなに出来ていないのか次はやってやる」

そう思いましたが、また指摘され、、ともかく全くうまくいきませんでした。

・キーファクターがずれている

・キーファクターにそったメニューではない

・オーガナイズは正しいか❔

・構成要素は❔

・テクニックは❔

・何が上手くなった❔

・練習メニューのルール設定は❔

などなどだしたらきりがないです。

どれぐらい厳しかったか❔分かりやすく言うと泣いた人が出てきました。それも一人ではなく、、、

難しい。

最終日まで上手くいくことはありませんでした。

勿論通用する部分もありました。それ以上に自分よりすごい人を目の当たりにして毎日悔しいとしか思いませんでした。

指導者講習会を終えて

最終日を終えて、難しかったが今出来ることは出し切ったなと思いました。

最後のガイダンス中にいろんなことを思った。

初日からとても雰囲気がよく毎日めちゃくちゃ楽しかった。もっとサッカーが好きになった。悔しい思いをたくさんして負けたくないと強く思った。この短い期間だったが、もっとこのメンバーと高め合いたいと思った。こんなに朝から晩までサッカー漬けになるなんて思わなかった。

色んな感情が駆け巡った。

そんな時事件は起きた。

最後の挨拶でインストラクターの2人が泣いていた、、、(笑)

普通指導者講習会でそんなことはおこるはずがない。

でも、分かる。集まったメンバーがみんな情熱をもってひたむきに向き合っていた。だからこれで終わりかとぐっとくるものがあった。

次会うときはもっと成長していたい。日本一になるために負けてられない。今回は決して模範になるようなことは出来なかった。でもいつも俺の人生は負けることから始まっているだから別に良い。これからどうなっていくか。

楽しかった。またみんなでしたいと思える。参加者の皆、インストラクターの方ありがとうございました。

これも一つの

オープンマインド

かな、、、(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA